本文へスキップ

新しい視点で女性を支援する SI OF KAWASAKI

国際ソロプチミスト

国際ソロプチミスト川崎のホームページへようこそ。
国際ソロプチミスト川崎の活動に関する情報をお知らせしています。
国際ソロプチミストは、国連の経済社会理事会の総合協議資格をもつNGOです。
国際ソロプチミスト川崎は、国際ソロプチミストアメリカの日本東リジョンに属する団体です。

お知らせtopics

第41回総会を開催しました。


   

7月21日に、第41回総会を川崎日航ホテルにて行い、2020年期の活動、決算監査報告や2021年7月から翌2022年6月までの活動予定及び予算案について審議され、いずれも承認されました。なお、開催にあたっては、広い会場で隣席との距離を十分にとり、入室の際検温と消毒、マスクの着用を徹底して、感染防止に努めました。
2021年期会長となった伊藤敦子会員より、前会長渡邉葉子会員に花束が贈られました。総会後は引き続き同会場にて7月の業務例会が行われました。

夢を生きる女性のための教育と訓練賞 日本東リジョン奨励賞受賞


市川看護専門学校で、認知症認定看護師になることを目標に学んでいる、橋本幸さんが受賞されました。おめでとうございます。橋本さんの夢の実現を心より応援いたします。

恒例、オークションを行いました。


12月の例会(12月16日)終了後に行いました。各会員が、鉢花、食料品、衣料品、生活雑貨など多数出品し、盛況でした。売り上げは、歳入に組み込まれます。
                                                   

「婦人相談員」についてお話を伺いました


 11月の例会(11月18日)では、全国婦人相談員連絡協議会の池田美智子様においでいただき、婦人相談員の活動の現況と課題などについてお話を伺うことができました。
                                                                  


毎月第3水曜日の例会について


川崎日航ホテルで例会が行われます
2020年度におきましては、2021年2月から4月まで対面式の例会を停止していましたが、5月から例会を再開しました。しかし、未だ新コロナウイルスの感染が拡大が続いています。今後も感染状況を見ながら開催の可否を決定し、対面式で行う場合は、引き続き感染拡大予防策を講じて実施していく予定です。、

新着情報news





2021年6月29日
岡本登美子会員が、内閣府男女共同参画局令和3年度「女性のチャレンジ支援賞」を受賞されました。
2021年6月
川崎市立橘高校ICCクラブに、Sクラブ助成金をお渡ししました。
2021年4月18日
第35回日本東リジョン大会が開催されました。今回は初のバーチャル開催となり、オンラインで参加しました。
2021年3月5日  
川崎看護専門学校の卒業式及び閉校式が行われました。SI川崎は認証20周年記念に看護学生奨学金を設け、それから毎年20年間にわたり支援してきました。今年を最後に新規看護大学へ合併することになり、発展的閉校となりました。
2021年2月6日
第26回外国人市民による日本語スピーチコンテストが川崎市国際交流センターで行われました。今回は感染症対策の観点から、残念ながら出席がかないませんでした。協賛金のみお届けしました。
2020年11月25日        
しゃんぐりらベビーホームに、クリスマスプレゼントとして、図書カードと洋服おもちゃなどのベビー用品をお送りしました。
2020年11月23日
国際ソロプチミストアメリカ日本東リジョンから、ドリームビリーバークラブとして認められました。証として本ホームページに、CLUB GIVINGバッジを掲載しています。 
2020年11月21日
第17回ゴールドコンサートが開催されました。今回は新型コロナウイルス感染予防のため、東京国際フォーラムの会場は無観客となりましたが、無料でオンライン配信されました。当クラブから、出演の皆さまに花束を贈呈いたしました。
2020年11月20日
川崎市男女共同参画センターのDV被害者の自立のための物資支援に協力しました。
2020年9月16日
9月業務例会に日本バリアフリー協会代表 貝谷嘉洋様をお迎えし主催されている「ゴールドコンサート」などについて、お話していただきました。
2020年9月10日
国際ソロプチミストアメリカ 日本東リジョン研修会・三役会議に出席しま
ページの先頭へ

国際ソロプチミスト川崎

会長  伊藤 敦子
会員数   28名